JBLハークネスのワックスがけ









休日とはいえ、残った仕事はいっぱい
押してばかりでもダメなので、今日は引いてみた
こういうときは掃除が良い
気持ちも周辺もスッキリとします

部屋の掃除をして、ちょっと前から気になっていたハークネスの色あせ
26年も使っているので、小キズや小さなシミは仕方がない
久しぶりにワックスをかける事にした

ワトコのワックス
ムラにならないように塗るのが肝心
やはり左右とも中心側がカーテンをあけるので天板も側板もやけている

ワックス缶のフタを開けるのに古新聞を敷いたら
何と見たことのないNTTドコモの広告 大切に切り取る

JBLハークネスのオリジナルは色々な化粧板があったようだけど
日本ではチークの化粧板が一般的だったと記憶する
チークのが欲しかったのだが、
我が家のハークネスはウォルナット
ま仕方のないこと

バドパウエル
キースジャレット
ひぃ〜さんに頂いた蒼いクリスコナー
ビルエバンスを聞きながら、二時間くらいワックスをかけた
ツヤ もどる

年末掃除 第一号 完了

母と僕   昭和31年2月 加筆

母と僕

昭和31年2月
母 25歳
僕 4歳 
母が裁断して縫製したオーバーコートを着ています
お祭りの日の写真
母の笑顔の写真は少ない

父の撮影
多分ミノルタ35IIスーパーロッコール50mmf2.0ネオパンSSかと

母と僕

母

母のほくろの位置が優ちゃんと同じという事に気がついた
母の方が少し大きいです

若い頃 母はきれいでした
今、こうして古い写真を見ても きれいと思う
父が惚れたのも無理はない

昨日、地元の同級生の母上の告別式がありました
交通事故での突然の死去でした
良くお世話になりました

色々あっても母は母です
生きている間に大切に・・と思う今日
母は優ちゃんと同じ年齢に僕を出産しました。
と思うと
あまりに若く母親になったのかと思う

+++++++++++++++++++++++++++++++++++
12月2日  加筆
後日、母に一枚目の写真を見せたら
これは「お祭りの日」じゃないと言っていました。
なぜなら母は「銘仙の普段着」の着物を着ております。
羽織も普段の羽織です、この羽織は着つぶした後に座布団になったような記憶があります。
昔は布を大切に使っていました。(着物はそれが可能です)

それにしては僕は「ヨソユキのオーバーコートにスカーフ、おまけに革靴」です
何の日だったのでしょうか?

昔は今のようにデジカメや携帯で、やたらと写真は撮りませんから

母と子の写真

素人が撮った写真で一番は

母と子の写真

ピントが悪かろうが、
露出がずれていようが、
プリントの色がおかしかろうが

母の愛情が撮し込まれる

高級なカメラやレンズはいらない
解像度や描写など、どうでも良い



スナップ20071201

蒼い空と思っていたら
急に曇り
大粒の雨

池へ行き ちょいと追憶に浸りたくなった
いつもの風景だけど
久しぶりだったので季節の移りに驚く

雨あがり
空気は冷たく澄み 
風景 解像度 増す

三木田の二本電柱
今日は角度が違って見えた

池は美しく
写真では表現できてないけど
グレイとグリーンのまざった 切な色
グレイ イン グリーン 

帰り道
重いグレイ空と黒いシルェットの風景
・・・なんか心にひっかかる

空も飛べる坂も
飛んだとたんに重い雲に落とされそうな雰囲気

いろんな事を想いながら
アップダウンの道を走る














見上げた空

由良の空

店を掃除
空を見上げる
晴れ渡る 蒼い空

古宮と北谷の池へ行きたい気分
午後 営業かな

キャッシュフロー

今日から12月
一年過ぎるのは早い、
この間、京都のロビンソンで食事したと思ったらもう12月

小さいな小売業いっても 経営は経営
資金繰りが重要
キャッシュフローは神経を使う
貸借対照表BSと資金繰り表とにらめっこ
資金ショートが起きそうなら 先もって補填を考える

経営はボクシングと同じで一発で破綻となる

利益も重要だけどキャッシュフローが問題
もっとも利益がでないとキャッシュフローも好転しない

優しさ

スナップ20071130

優しさは 求めるものでなく 与えるもの
優しくして 欲しかったら 優しくなることかと

でも なかなか出来ないのです ね 

月末の金曜日

何かとバタバタと地元の信用金庫
担当とろいので
ブログ書く

アランセーターとガンジーセーター

アランセーターガンジー

お前のところは「英国ニット専門店」という看板なのに
この二つの英国伝統編み物がないねぇ〜
といわれますと、現在では返す言葉はございません。

アランセーターとガンジーセーター
英国の漁師の伝統的ニットウェア

フェアアイルがジャミーソンズで実現しましたので
もちろん、考えていないのではありません。
取り扱うつもりです。

アラン
ガンジー
フェアアイル
三者に共通は 海セーター

その前に
「ニットウェアの鮒」というべき「無地のシェットランド」の再開です

カシミヤニットの色目

ジョンストンズカシミヤCNセーターベージュ

いくらジョンストンズがリーズナブルといっても
カシミヤですので原材料と製造にコストがかかっています
高価な品には間違いありません。

最初のカシミヤニットのご購入には飽きのこない物
そこでおすすめなのがこのベージュミックス
Pブルーグリーンミックスも飽きの来ないお色目

ブラックやネイビー、ワインレッドも定番色です
スコテッシュカシミヤ本来のフンワリとした幸福感あふれる着心地は
やはり淡いお色目が勝るように思います。

父の遺品のマックジョージ
2プライベージュカシミヤクルーネックセーターを20年着ています。

このような大人しい色は
品の良いパンツ、シャツ、ジャケット、ブルゾンとのコーディネイト

ジョンストンズカシミヤCNセーターベージュ

肩のこらないサドルショルダーの袖
肩と腕との境で袖の傾斜が変化します、丁寧な編みの技術です。

ジョンストンズカシミヤCNセーターベージュ

スソリブの「ヒネリ」と呼ばれる減らし目です

ジョンストンズカシミヤCNセーターベージュ

ジョンストンズの袖口は折り返すタイプ

ジョンストンズカシミヤCNセーターベージュミックスはこちらからどうぞ
ぜひご検討くださいませ