なすがままに

変わってきた

 

青空洋服店ははたらくカタチ研究島のセミナーから生まれた

 

二つのセミナーで

 

あの頃 プレゼンした内容とはデザインが変わってきた

 

二年前の洲本のイベントでデビューして時とも変わってきた

 

といっても

 

根本的なところは変わっていないと思います

 

なすがままでとも思っています。

 

キーワードは薄い生地 ピンタック レース です。

青空ファッションショー

といっても屋外ファッションショーではなくて

青空洋服店のショー

陽光の下でやっても良いですが

自分の洋服ブランドが出来たので次といえば ファッションショー ということに決まっています。

 

ファッションデザイナーを目指す人は

よほど何か理由が無い限り 自分の作品のお披露目としてファッションショーはやりたいものです。

 

体力 視力 気力の衰退を感じるこの頃

残された時間は少ないと思います

少ない時間でどうしたら良いかとか考えてしまいます。

 

といつもの妄想と無茶な夢

 

ブログに何回も何回も書き散らしてゆくと 妄想は現実になったりする。

 

10年前に青空洋服店などが実現するとはとても思っていなかった。

 

 

絵は描けても 洋服は縫えない 作れないと思い込んでいた

いや10年前は絵さえもまともじゃなかった

インターネット上の恥さらしで公開するには勇気がいりました。

青空洋服店は三歳になりました

 

3年前の今日 「はたらくカタチ研究島」のセミナーから「青空洋服店」は生まれた。

 

まだまだ制作点数も少なく 技術も稚拙です。

 

青空洋服店の洋服制作に限らず英国ニットウェアの仕事も

 

方法をやり方を変える時期に来ているとわかった昨今です。

 

今はまだ産みの苦しみ

 

三年もたって産みの苦しみも変ですが

 

やり方がわかっていなかったのです。

 

さてこれから。。

 

60年代末のロックバンド It`s a beautiful dayのレコードジャケット

 

はたらくカタチ研究島のセミナーでブランドのイメージは?という研修があり

 

即座にこのジャケと答えた。

 

今日は台風ですが

 

台風一過の

 

嵐の後の澄んだ青空の朝のす〜〜とする晴れやかな気分

 

そんな洋服を作りたいという思いをこめて

 

出来上がったブランド名が「青空洋服店」なのです。

 

 

キャラコ

ブロードは反で在庫有り

 

ボイルもある

 

綿サテンもある

 

天竺もある

 

ピケもある

 

 

キャラコがどうも気になる

 

次回の大阪行きで仕入れてこようか。

青空洋服店の広告掲載の雑誌ナチュリラ夏号は6月20日に発売されました

natyurila.jpg

 

青空洋服店の広告は巻末にちょこっとの広告ですがご覧になってください。

トレンドを狙って洋服を作ってはいないのですが

青空洋服店は好き勝手に洋服をデザインしていますが

 

たまたまデザインした洋服がトレンドのデザインだったりする

 

ということは 時々あります。

サヨコのデザイン変更

sayoko-1.jpg

 

サヨコはペプラムのついたオーバーブラウス

 

左はサンプルのサヨコ 

右はオーダーをいただき仕立てたサヨコ

 

前からはあまり変わらないようですが

後ろもペプラムをつけ紐は省略 というお客様のご要望でデザイン変更しました。

 

sayoko-2.jpg

 

青空洋服店はセミオーダーメイド

一点物になります 

世界で一着の洋服が出来上がります。

 

実際はデザイン変更だけでなく

体形に合わせて肩巾、身巾もパターン変更

袖も作り直しサンプルより美しく着やすい袖になっています。

 

明日は仮縫いあわせ

sayoko.jpg

 

ブラウス サヨコ はイベントに間に合わせるために急ごしらえ

それでも袖は3回パターンを起こした
3回目も気に入らないままイベントに出展
実際にオーダーが入ってので
パターンをやり直し
身頃と袖
後ろにもペプラムをつけて欲しいというデザイン変更もあり
ほぼ全てのパターンを起し直した
スリムな体形ながらやや裄を着るお客様
これで大丈夫だと思うが、直しても肩くらいかも 明日はどうなるでしょうか。

トレンドは意識していないが

トレンドは意識せずに洋服をデザインして作っているが

 

たまたまトレンドになっているという場合もある

 

今日は大阪へ 

 

あまりアチコチと移動はしていないが

 

梅田 御堂筋 三ノ宮 

 

すれ違う女性のストリートファッション

 

青空洋服店と同じテイスト 同じようなシルエット 同じアイデアとディテール 

 

とけっこう目に映った。

 

 

9年前の落書きを洋服にする

risa.jpg

 

落書きを描いた時は

 

実際に作るなどとは夢にも思ってもいなかった

 

作れないと思っていたからだ

 

ところが

 

3年前にある方からお嬢さんの洋服制作依頼があり

 

悩みに悩んだ末

 

跳んでみて

 

作り出したら

 

稚拙ながらも手が動いて

 

すんなり出来上がってしまって

 

 

 

そんな訳で本気になって誕生したのが「青空洋服店」

 

 

今回のはかなり厄介というか手間のかかる洋服

 

パターンとしては「青空洋服店第二作リエ」のほうがはるかに難しい

 

四段目と五段目ティアードの形と分量が気になるが

 

今夜はここいらで終了