今日は母校文化服装学院の文化祭

文化の日

 

母校文化服装学院では学園祭 

 

文化祭といいます

 

学生時代はファッションショー運営 展示 バザー用の作品制作 バンド出演 などなど 

 

大変だったがそれも苦にならず面白かった。

 

同期の同級生は仲が良く 

 

幹事がとても熱心で今でも一年に数回 美術館やら旅行やらを楽しんでいる

 

4年前に卒業以来はじめて文化祭に行ってきた

 

ファッションショーと展示をみてその後はOB会全体の同窓会

 

二次会は同期だけでこじんまりと同窓会

 

今度はいつ行けるだろうか。

 

 

 

 

寒いのにやってくる台風

淡路島も冷たい雨

 

冬支度にオイルヒーターを出してきた

 

日曜月曜は台風がやってくる

 

こんなに気温は低いのに台風

 

10月下旬の台風はこわいのが多い

 

備えをしておこう。

今日は蒸し暑く

IMG_2843.JPG

 

湿度が高く蒸し暑い さりとてエアコン稼働すると寒く 

 

ややこしいお天気

 

スカッと青空が欲しい日

 

面倒な作業ばかりで嫌になる。

グランドセイコーは自分には似合わないことを知った

昨日は神戸で用があり

神戸大丸で昼食

その後エスカレーターで移動していると

時計売り場で目にはいってきたのがグランドセイコー

 

セイコーは日本的な清潔感があり好きな時計です。

 

グランドセイコーは少々憧れではありましたが

実物を見て大きすぎる直径と分厚さに

これは か細い自分の腕には似合わないと実感した。

 

もう少し薄く華奢なセイコーが良いと思った。

キヤノンの電卓を初めて買った カシオ シャープの加算機タイプの耐久性は低い

canon.jpg

 

電卓はずっとカシオ加算機タイプだった

2年前に調子が悪くなり

はじめてシャープ加算機タイプを買った
ところがそのシャープは先日より+=キーが押さえてから戻るのがギクシャクして誤計算ばかり
まだ筐体も美しいのに肝心のキーが悪くなる
耐久性を疑う。
加算機電卓はAmazonでも結構高価
普通の電卓の4~6倍くらいする
需要が少なく少量生産だから高価になるかも?
そんなわけでキヤノンの普通の電卓をはじめて購入
操作は断然加算機の方が良いが
値段で辛抱
キータッチは悪くない
キーボードが傾斜していないのでやや不満足
カシオもシャープも耐久性が低い
キヤノンに期待
あまり大きくなく安価な加算機電卓を作って欲しい
以前はカシオでそういうサイズの電卓があったのだ。

晩夏と初秋の匂い

8031D2C2-8DCC-4208-A63A-2CF1E4375511.JPG

 

蒸し暑さはなくなり 爽やかな朝

 

陽光強く気温は高いが昼も不快でない暑さ

 

台風にもてあそばれた厄介な夏の日もなくなり

 

知らぬ間にお盆になり

 

晩夏の匂い いや初秋の匂いかも

 

ICOCAとPiTaPa

島くらしゆえ交通系ICカードは不用と思っていた

 

といっても

 

2ヶ月に3〜4回くらいは大阪へ行く

 

鉄道はJR西日本と大阪市営地下鉄が大半

 

他の鉄道会社はめったに利用しないが


 

昨日から突然 ICOCAとPiTaPaが気になってきた

 

お得な利用方法は皆さんどうなんでしょうか?

 

利用回数が少ないからあまりお得でないような気がしますが

交通機関以外の利用も考えると
例えばよく利用するルクアなどどうなんでしょうね。

今日は一日中雑用の日だった

朝から色々と予定を立てていたが

 

雑用ばかりはいってしまって

 

どんどん遅くなり

 

気が付いたら

 

22時43分

 

スピッツを聴いて寝よう

 

ところでAndroidにFaceTimeあるいは同様の仕組みはあったのでしょうか?

 

今日の最大の疑問

蒸し暑さで覚醒して激しい驟雨で涼しくなり

また陽がさしてきた。

 

ネルには綿と羊毛があり赤い綿ネルフィルターを作った

89070276-4DE9-459E-A4C8-CAEF6F1D2951.JPG

 

今度は赤のネルでコーノ円錐フィルターを作った

 

染料が珈琲の味に影響するのでは

 

という声が聞こえてそうです。

 

たしかに生成り無染色が良いのは当然

 

しかしこの赤ネルは上等品で堅牢な染めで色落ちしにくい生地です。

 

お遊びということでご容赦ください。

 

 

ネルといっても綿ネルとウールのネルがある

 

フランネルとはウール羊毛のネルのことです

 

また呉服屋ではウールのネルは英ネルと呼びます

 

呉服屋の息子生まれ育ったので英ネルがなんとも馴染みがあります。

 

さてこの赤フィルター どんな風に珈琲を抽出してくれるでしょうか?