勘メーター

 自分は露出計のついていないカメラや、露出計のこわれたカメラは
勘メーターASA100(ISOでは気分がでない)で
晴れた日を基準に絞りとシャッタースピードが頭に入っていて
撮影時の光の明るさ(暗さ)の変化
絞りやシャッタースピード優先時
感度の違うフィルムを使う場合
それをスライド的に変化させる。
たまに外れるが、ラチチュードの広いネガフィルムなら それほど露出は外れない。

以前ゴッセンの小さな露出計を使っていたが、面倒くさいので たまにしか使わなかった
その後何年かしてメーターの値がどう考えても、妙な値を出すようになったので(狂ったので)
ヤフオクでジャンク品で売り払った。

機械式アナログマニュアル機をご愛用の皆様は露出計を使っているのだろうか?
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL