フェアアイル・ニットの起源  ジャミーソンズ

シェットランド諸島

フェアアイル島

フェアアイル・ニットは
シェットランド諸島の南に浮かぶ小島フェア島(Fair Isle)に伝わる伝統的編物です。

シェットランド諸島は15世紀以前はノルウェーの領地でした。
バイキングがビザンチン帝国より編み物技術を習得し、
それが北欧やシェットランド諸島に広がったという説があります。

19世紀中頃に島民がフェアアイル・ニットに注目し、
シェットランド諸島の産業として編まれるようになりました。
これがフェアアイル・ニットが世間に広がるはじまりです。
それ以前は
フェア島で細々と編み続けられていたローカルな編み込みセーターだったのです。

20世紀初頭にはフェアアイル・ニットは人気がなくなってしまい
再興を考えた島民たちは
1921年に当時のプリンス・オブ・ウェールズ(後のウィンザー公)に
フェアアイル・セーターをプレゼントしました、
これがキッカケでフェアアイル・ニットは一気にファッションアイテムになり
今に至る人気となったそうです。

伝統的技法で編まれるジャミーソンズ・フェアアイルニットです。

コメント

 これを着ればジミーペイジになれますか(笑
ネタが古くて解らないですかね〜!?

  • slowhand
  • 2008/10/17 22:23

slowhandさん、こんばんは
お体 良くなりましたか?

へらぶなさんと同じ事をおっしゃいますねぇ

ジミー・ペイジにも
ポール・マッカートニーにも
エリック・クラプトンにもなれまっせ(笑)

なぜか
ブリテッシュ・ロックのミュージシャンはフェアアイルを愛用しますね、

そうそう
スピッツのベーシスト田村君も愛用されていますね。

  • cozy
  • 2008/10/17 22:29

ジミー・ペイジっぽいのは
これですね

http://www.e-niimi.com/jamiesons/js-vv-dkbrwn-4375.html

一着になりました。
よろしくお願いいたします。

  • cozy
  • 2008/10/17 22:32
トラックバック
この記事のトラックバックURL