MacのトラブルはOSでなくキーボードだった

kb.jpg

 

9月30日台風の最中にトラブルが発生したMacmini

 

Appleサポートに連絡して原因究明

 

原因はOSでなくキーボードでした。

 

Nキーのスイッチが接触不良にでもなったのでしょう。

 

そんな訳でキーボードを新調

 

Bluetoothというのは信用できないので

 

旧型ワイヤードキーボード

 

現在はAppleでは発売されていない

 

修理用のバルク品

 

といってもApple純正の新品

 

現行MagicKeyboardの約半分のお値段

 

キーの大きさがノートMacとほぼ同じ

 

今まで愛用していたサードパーティメカニカルフルサイズキーボードとはキーの形と大きさ配列が違うので

 

ミスタイプをする

 

これは慣れの問題でしょう。

 

仕事の関係で日本語キーボードの方が絶対に便利です。

 

 

今まで何台キーボードを潰したのだろうか

 

キーボードはけっこう買い替えした。

 

 

キーボードが原因で故障したのがPower MacG5だった

 

あの時に買い替えたのがMacBook Pro2010mid

 

今回もこのコンピュータに助けてもらった

 

肝心のPower MacG5が壊れたしまったので

 

オンラインでの購入は不可なので大阪までMacBook Proを買いに行ったのでした。

 

 

あの日は初代iPadの発売日でAppleStoreはまず無理だろうと思って

 

梅田のヨドバシへ行ったのだが

 

ヨドバシも凄い人で

 

何とか買えて夜遅くに島へ戻って

 

息絶え絶えのPower MacG5からデータを深夜に移行したのだった。

 

 

過去の苦い経験はともかく、新しいキーボードはApple製ということもあるのだろうか?

 

Macminiの動作もキビキビとした軽い感じになり速くなった印象に少し驚く。

 

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL