もう少しだけ美しく

IMG_4220.JPG

 

 

昨日から本縫いに入った「リサ」

 

左右アシンメトリー 水平の線のない ティアード という発想のワンピース

 

縫い出すと

 

もう少しだけで良いからピシッと仕上げたいと思うことばかり

 

汚くはないが

 

細部が甘い 

 

理想は凜としたものが感じられるような洋服

 

美しいカッティングとそれを実現する縫製技術

 

 

 

延々と書き散らしたこのブログ

 

10年前なら「絵は描けても洋服は作れない」と思い込んでいて

 

「ファション浦島太郎」の自分の感覚に自信がなかった

 

飛ぶのが怖かったのかもしれない

 

学生のレベルそのまま

 

40年間、洋服を作っていなかった。

 

それが4年前 写真家茂木綾子さんにお嬢さんの洋服を依頼され

 

悩みに悩んだ末、二つ返事でやり出したら出来てしまった

 

それがきっかけで 自分の洋服ブランドを作ろうと決め

「はたらくカタチ研究島」のブランディング講座を受講して生まれたのが「青空洋服店」

 

青空洋服店は無茶といえば無茶ですが 

 

エイヤと飛んだら 

 

超低空飛行ながら飛べたということで

 

もう少し高度を上げて飛行したいと欲がでてきたのかもしれない。

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL