大寒波でオイルヒーターとセラミックヒーターでは少し寒いので石油ストーブを出してきたが

30年以上にもなるナショナルと5年位のコロナをひっぱり出してきた

 

ナショナルは近くに置いてコロナを店の土間に設置

 

オイルヒーターとセラミックヒーターは使わず二台の石油ストーブを使ってみた

 

たしかにオイルヒーターとセラミックヒーターよりは暖かくなった

 

暖かくなったのは良いが

 

古いナショナルが臭い

 

臭くて乾燥がひどい

 

オイルヒーターは3年前に喉の急病で死にかけたのが購入理由

 

その前はナショナル石油ストーブと古い騒音と乾燥の三菱石油ファンヒーターだったのが

 

暖かさは少し無くなったが乾燥がなく臭さがなくなり静かになった

 

 

今日は久しぶりに石油ストーブを点けて

 

臭さと乾燥を実感

 

2時間でナショナル石油ストーブは降板

 

パナソニックセラミックヒーターとデロンギオイルヒーターにもどし

 

あまり臭くないコロナ石油ストーブは補助に使うという暖房環境に一応なりました。

 

 

対流式で完全燃焼という蒼い炎のアラジンなど良いでしょう

 

評判も愛好されている人もたくさん知ってはおりますが

 

あの給油方法がとてつもなく面倒くさく思ってしまう。

 

 

プラグをコンセントに刺してスイッチ一つで稼働するオイルヒーターとセラミックヒーターが好ましい

 

2時間で喉の調子が悪くなる古いナショナル石油ストーブと較べると

 

パナソニックセラミックヒーターはナノイーと加湿機能が僕にはとても良い

 

電気代は高くなりますが灯油代はなくなった

 

数年に一度の寒波で、しかたなく石油ストーブを出してしまったということ。

 

 

昨年買った暖房機で一番好ましいのは ダイキンのエアコン

 

店もダイキンエアコンをつける予定ではありますがこの冬は少し辛抱。

 

コメント

こんにちは。

テレビでは寒波の不安なニュースばかりクローズアップしますが、私は冬を愉しんでいます。
折角の冬なんですから寒さも味わいたいです。
いいニットもありますしね。

石油ストーブを久々に使うと、燃焼に関していくつかの問題があります。
一つ目は灯油の質。若干ですが残留した酸化した灯油が臭います。
二つ目は空気の取入れ。芯の燃焼部分に向けて、空気を取り入れる針穴のような小さな穴が並んでいます。
この空気は底面から吸い上げるので、ホコリも吸い上げます。
このホコリですが、ほんの少しでも穴に引っかかると燃焼に悪影響が出ます。
石油ストーブは原始的ですが、結構精密機器なのです。

臭わなくて暖かいのなら、ガスファンヒーターもいいんじゃないかと思います。
やっぱり炎を使う暖房は力強いし、燃料の補充も不要です。
我が家ではシーズン初めと終わりに活躍してます。

  • 33+303
  • 2018/01/26 14:08

こんにちは
仰るとおりです。
このナショナルのはおそろしく古いので芯が原因なのです、
二三日稼働すると匂いはマシになります。
ただコロナで必要十分ですのでナショナルは灯油を抜いて、またしまいました。
たしかに炎を使う暖房は暖かいでね。
久しぶりの石油ストーブは煙草みたいな感じでした。
吸わなくなると匂いが気になるということです。

乾燥を思うとあまり暖かくなくてもオイルヒーターと加湿ナノイーセラミックヒーターは良いです。
三年前の喉の緊急入院から喉に神経がいってしまいます。

セーターはだいぶ少なくなりましたが、まだまだ良いのが残ってます、よろしくお願いいたします。

  • cozy
  • 2018/01/26 14:27
トラックバック
この記事のトラックバックURL