落書きが落書きでなくなるとき 青空洋服店の織りネーム

aozora-neme.jpg

 

まさかこんな物が現実になるとは10年前、いや5年前なら夢にも思わなかった。

一昨年のレトロこみちイベントがデビューだったが

その後色々とあり、制作意欲が失せてしまって、まったく作れなかった

今年になってやっと気持が落ちついてきて、また制作できるようになった

言いかえれば、

イベントに出店するので、作らざるをえないように、自分を追い込んでいったようなもの

 

デザインテイストも一昨年末からは、クラシカルな感じになっていった

 

昨日から新しく取りかかっているのは

9年前にこのブログに貼り付けた落書きで

落書きが落書きでなく実際の洋服になる。

 

その頃は、制作できるとは全く思っていなかったので

実際に作るには難しいのが多い

しかしながら 

既視感のあるクラシカルな物より

より自由なので、作り出して、ずっと面白いのも事実。

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL