カウンタは常時SSLに未対応

一時期カウンタが人気で設置したサイトやブログは多い

 

拙ブログも設置してあります

 

現在はこういう数字

 

 

ロリポップはカウンタは常時SSLサイトでは動作しないとアナウンス

 

カウンタは時代遅れの遺物になってきた。

 

JUGEMもいつまでたっても常時SSLにならない。

 

英国ニット専門店にいみサイトはカウンタは外しました。

 

 

WIXでブログを作っていたらhttpsでもChromeはグレー表示になってしまった

テキストだけではChromeはグリーン表示

画像を挿入したら
途端にhttpsでもグレー表示でChromeは警告する
リンク画像なのでリンク元がhttpなのでしょう
httpsとhttp混在サイトになってしまった
常時SSL化はなかなか厄介です
WordPressとSSL証明書を作ってくれるエックスサーバーが最良の選択ではと思う。
当然この場合でもリンク先に注意が必要です。
現在「英国ニット専門店にいみ」のサイトは常時SSLではありませんが
個人情報、クレジットカード情報などを入力する
「会員登録」「カート関連」の頁は常時SSLでChromeはグリーン表示で安全です。

常時SSLのブログに移転を考えています

JUGEMはいつまでたっても常時SSLになりません

 

そんなわけで、このブログをリンクしている「英国ニット専門店にいみ」サイトも常時SSLになりません。

 

常時SSLのブログに移転を考えています

 

どうも8月というのは変化のある月のようです。

常時SSLにならないサーバーとブログ

現在「英国ニット専門店にいみ」のサーバーは常時SSLが無料というのが売りですが

とっくに設定はしましたが

httpsになりません

問いあわせてみたら

リンクサイトが常時SSLでないhttpなのでhttpsにはなりませんという返事

その時には契約のカートサーバーの「カートを見る」というリンクがhttpでしたが

先日のAmazonPay導入でこの問題は解決しました。

 

あと常時SSLでないリンクというとこのブログ「cozyの蒼い日々」になります。

 

 

有料プランに変更したた常時SSLになりhttpsとなるのか?と問いあわせたら

「有料プランでもリンクがhttpではhttpsにはなりません」という返事

 

どうも困ったことですが

このブログの移転というのも難儀です。

 

「英国ニット専門店にいみ」はエックスサーバー等に移転を考え中ですが

さてどうなるでしょうか?

 

いっそ「cozyの蒼い日々」はそのままにしておいて、

また何か新しいhttpsブログを書くというのも良いかもしれません。

 

青空洋服店サイトはhttps 常時SSLはオプション扱いになり月額1000円が別途必要です

 

AmazonPayも初期費用は無料で現在月額も無料といっても数ヶ月無料だけで月額2000円費用がかかります。

そして別決済会社との契約が必要になり

Amazonへは4%の手数料だけですが決済会社の手数料が加算されます。

 

基本料金が安くても必要十分な仕様にするには別途費用がかかります。

 

「英国ニット専門店にいみ」サイトはhttpですが 設置しているカートは完全常時SSLです

当然AmazonPayも常時SSLです。

安心してお買い物をお楽しみください。

 

 

英国ニット専門店にいみのカートは常時SSLですので安全です

昨年からの課題がひとつ解決しました。

 

実はサイト全体を常時SSLにはとっくに試みているのですが

 

現在契約中のロリポップは制約があり常時SSLにするには困難なところがあります。

 

AmazonPayの実装も完了しました

 

AmazonPayとSQUARE請求書はとても安全なクレジットカード決済です

 

安心してご利用ください。

 

次はサーバーの移転を考えています。

 

皆様 よろしくお願いいたします。

 

 

サーバーの移転を考え中

 

 

 

Googleが非常時SSLサイトの評価を下げ

ブラウザに安全かそうでないかを表示するようになってから久しいです。

 

僕のところもサーバの移転を考え中

問題はこのブログなのですが

これはこれで残しておこうと思っています。

 

今思っているのは常時SSLと複数ドメイン対応可能で高速なサーバー

そして管理画面の使い安いサーバー

 

色々と考え中ですが

エックスサーバーがオプション独自SSLが半額なんです!

 

評判の良い安定高速動作のエックスサーバー

ちょっと狙い目ではないでしょうか。

 

 

GooglePageSpeed Insights

GoogleWebツールの一つ

 

Googleはサイト表示速度を重要視します

 

このツールはサイト表示速度を判定します

 

これが結構厳しい判定です

 

BootstrapCSSは大きくレンダリングに時間がかかるという指摘

 

CSSをインラインで記述すれば速くなるのは2年前に知りましたが

 

どこまでカスタマイズしたものか?

 

一つの商品頁でBootstrapCSSをいくつ使用しているのかを把握する必要があります

 

DreamweaverのDOMパネルを見ればわかるのですが、ややこしい。

Amazonを語るフィッシング詐欺

Amazon顧客満足度調査というメールが届きました

 

無料のボーナス10000円進呈というエサで

カード情報を盗むフィッシング詐欺

エックスサーバービジネス リリース記念キャンペーン

サーバーの移行を色々と考え中です

 

常時SSL

 

複数ブログのためのWordpressの複数設置

 

当然のマルチドメイン

 

色々考えてみると

 

エックスサーバーかなと思うこの頃

 

そしたら

 

エックスサーバービジネスというプランが登場

 

こういう↓↓↓特徴

・大容量200GBから、月額3,420円から

  ・最新の高性能サーバーによる高速環境

  ・稼動実績99.99%以上を誇る『エックスサーバー』を基に、

   さらに安定性を高めたサーバー基盤

  ・他社からのサーバー移転作業の無料代行サービス

  ・各種設定・手続きの無料代行サービス

  ・サーバーデータの自動バックアップ機能

  ・法人向けドメイン名(.co.jp)を含む、

   各種ドメイン名の取得・更新費用が無料

  ・最高水準の信頼性を誇るEV SSLがご利用可能なSSL証明書サービス

  ・ネットワークの脆弱性を定期診断する「セコムセキュリティ診断」

 

そして現在リリース記念キャンペーン中

 

これが嬉しい↓↓↓

 

 ※ドメインは1契約につき1件まで無料で取得・更新が可能です。

 ※無料代行サービスは本契約後に利用可能です。

 

常々ややこしい設定は誰かにやってもらうのがベターと考えるようになったこの頃

 

画像とコンテンツと洋服制作だけに精を出すので少しはゆとりができるのではないかと思っています

 

そんなわけでエックスサーバービジネスは良い手段ではないでしょうか。

 

 

起動ディスクをSSDに替えたらDreamweaverに小問題

Dreamweaverのサイト設定です

 

Dreamweaverはローカルサイトとリモートサーバーを厳格に指示して

 

ファイルのディレクトリを厳格に求めてきます。

 

それが外れているとファイルをアップロードしません

 

ダウンロードしても設定したローカルサイトのディレクトリに保存上書きします。

 

 

 

今日更新したファイルはアップロードできないので

 

おかしいなと思って調べてみたら

 

ローカルサイトはHDDのままでした

 

設定をSSDに変更しましたが

 

MacOSに依存する「最近使ったファイル」というプルダウンメニューが曲者で

 

HDDのファイルを開く可能性が高いです。

 

しばらくは正しいルートディレクトリのファイルを開く必要があります。