KENNERBLICK cozygen processed graphics
リフィルはパーカー

cozygen.jpg

 

昨日は仕事で大阪へ行ってきた

 

帰り道 以前より書き味が悪くというか書けなくて困っていた

 

KENNERBLICK cozygen processed graphicsのボールペンリフィルを求めてグランフロントの伊東屋へ行ってきた

 

流石に店員さん詳しくて

 

見るなり速攻でパーカーが合いますね。

 

ということでパーカーを購入

 

実はパーカーも書けないのが一本あり

 

リフィルは細字と太字を二本購入

 

パーカーはデザインはあまり好きではないが書き味は良い

 

今回驚いたのはパーカーは英国王室御用達品になっていた。

 

米国ブランドのパーカーがなぜ?

 

と思って店員さんに訊いてみたら

 

英国資本になっているそうです。

 

とにかくハンドルネームのボールペンが実用になり満足

 

伊東屋ではブリーフケースも良さそうなのがあり物欲増大

 

少し気に入らないところもあるがかなり良い。。。が昨日は我慢

 

ブルックスブラザーズのブレザーの胸ポケットにパーカーを刺してチャーリーパーカーを聴きましょうか。

 

 

 

 

加湿セラミックヒーターはどうなんでしょう

寒がりというのが、スコットランドのセーターを販売しはじめた理由のひとつ

 

寒がりなので暖房機は気になる

 

店に新しいエアコンをつけたいところだが

 

業務用の天井につけるタイプが欲しいが予算の関係もある

 

昨年デロンギオイルヒーターを買ったこともあるし

 

ただオイルヒーターは気持良いがオイルヒーターだけでは寒い

 

石油ストーブと併用していた。

 

ただ石油ストーブは灯油を買いにいって給油するのが手間で面倒くさい

 

そして匂いがある 母も高齢になってきたので石油ストーブが危ないところもある。

 

 

そんなわけで石油ストーブに変わる暖房機が欲しくなってきて

 

セラミックファンヒーターはどうかと?思うのですが どうでしょうか

 

 

セラミックヒーター加湿機能付きというのがあり これが気になる

 

当然電気代は高くなるでしょうが

 

灯油を買いに行給油という数字にあらわれない手間を考えるとどうなんでしょうね?

 

灯油代が消えて電気代が発生するだけで

 

いずれにしろ 光熱費 になるのは同じなのです。

books+kotobanoie へ行ってきた

ki1.JPG

 

 

今日は仕事の都合で一時間はやく大阪へ行ってきた

 

一時間はやく仕事も終了

 

そんなわけで

 

ずっとずっと念願のbooks+kotobanoieへやっと行ってきました

 

オーナーのK氏とはFacebookで友達ですが

 

キッカケははたらくカタチ研究島

 

とにかく個人的に好きな興味のある本ばかりです

 

こういう素敵な空間

 

一冊 購入しました

 

衣裳論 エリック・ギル

 

ぱらぱらと流し読みすると面白い内容

 

自分の生まれた年に発刊され

 

洒落た装丁も気に入り 購入

 

ki2.JPG

 

 

 

ki3.JPG

加算器電卓

IMG_2835.JPG

 

電卓は断然加算器電卓が好み

しかし

 

加算器電卓はデカイのが多いので

このカシオはいまだに欲しい

ちょっと以前ならアスクルで売っていた。

 

シャープCS-2130Lを2年前に南米密林で購入したが

最近肝心の+=キーが動きが悪くなり

キヤノンの普通のを買ったが

長年加算器電卓を愛用していたのでどうも使い勝手が悪い。

 

カシオ一筋で4台使った。

 

一番良かったのはこのカシオ

キーは耐久性がありキータッチも良く問題はなかったのだが

液晶が表示されない桁があり買換たのがこのカシオ

キータッチが悪くなった。

これも液晶が表示されれない桁が発生して

 

シャープに買換え

シャープはキーが弱い。

 

加算器にしろ電卓というのはメーカーによってキー配列が違うので

どうしても同じメーカーばかりを選んでしまう。

蘇ったジレットセンサー・エクセル

gs.jpg

 

廃番 ジレットT型シェーバー ディーター・ラムス デザイン

 

替え刃が現行製品で新品購入可能なのを知る

南米密林でポチ

 

いつだったか大阪の路上で試供品としていただき

 

替え刃2枚だけ剃っただけの新品同様のジレット・センサーエクセル

 

よく剃れた記憶がある。

 

明日から朝のシェービングが楽しみ。

鋏と包丁では砥石がちがう

たまに刃物を研ぐが こんなことは今まで知らなかった。

 

鋏と包丁では研ぐときに砥石が違うということ

 

家にある砥石はたぶん包丁用だと思うので

 

これでは鋏は研げない

 

また研ぐとよけいに悪くなるということ

 

一般家庭で包丁用砥石はあっても

 

鋏用砥石を持っている人はそんなに多くないと思う

 

リンクの研ぎ屋さんは信頼がおけそう

 

洋裁では すべる鋏 先が切れない鋏 は使えない

 

僕は浦島太郎みたいな長いブランクの洋裁師ですが

 

デニムなどの厚手とブロードみたいな一般用 

シフォンジョーゼットなどの薄手用と3本鋏を使い分けている。

デロンギが修理からもどってきた

221.jpg

 

こんなに早く帰ってくるとは思ってもいなかった

 

故障の原因はフロントパネル内の 断線

 

今の修理は内部配線をコチコチ直すのでなく

 

自動車みたいにコンポーネントパーツを丸ごと交換するみたいで

 

修理伝票にはフロントパネル交換となっていた

 

早いはず 

 

そんな訳で 販促シールが貼られていた

 

これは台所で使う予定

 

三日の辛抱ができず、新しいのを購入したわけだが

 

修理期間は一週間ということだった

 

新しいオイルヒーターがなかったら

 

ひどい寒がりなので 昨夜 洋裁など とてもできなかっただろう

 

災い転じて良いほうになったと解釈することにしているこの頃

 

両者の比較

 

古いマニュアル機の方が色もカタチもよき欧州デザインの香りがする。

 

222.jpg

デロンギがやってきた

d1.jpg

 

修理に出したのより大きな容量の1500Wでデジタルになっているタイプ

最初はよくわからなかったのと予算の関係であの機種になった。

しかしながら、中華製ではあるが、以前と比べるとずいぶんとお安くなった印象。

 

なぜまた買ったかというと

一昨年に喉の病気で入院して、温風が出て乾燥する暖房機はどうもまずいのと

ほんわかりんとした感じがなんとも良くって電気代などまあいいかになってしまって

一種くせになる禁断の味かも。

 

早速ひっくり返して開梱

マニュアル読んで 

プラグをコンセントにさして電源ボタンを押しても、温度のボタンを押しても

液晶画面が変化しない。

 

今度は新品不良品かとちびまるこ状態

よく見たら液晶画面に販売店での展示用シールが貼ってあった

これが良くできていて だまされたのだった。

 

d2.jpg

 

容量の大きな分 発熱がちがう 

なかなか快適である

春までお世話になるだろう

 

上部デザインが一番スタイリッシュかな。

 

d3.jpg

 

 

居心地のいい本屋さんCasaBrutus

 

Facebookで知り合ったKさんのbooks+kotobanoieが紹介されているので

 

本屋さんの雑誌を見に本屋さんへ行ってきた(文章にすると変だね)

 

なんと表紙が優ちゃん  というわけで久しぶりの蒼い速効レジ

 

たいした本は買わないが本と本屋さんというのは好きなので

 

本屋さんのインテリアも楽しめて

 

なかなか楽しいCasaBrutus

 

 

 

 

BALMUDA The Pot

スクリーンショット 2016-10-02 21.44.34.png

 

バルミューダの電気ポット

他との違いは注ぎ口が鶴首になっていて
珈琲ドリップがそのまま可能ということ
使ってみないとわからないけど
どうでしょうね
白がいいね。